平野コミュニティ

スタッフブログ

作成者別アーカイブ:

リレーフォーライフ・ジャパン2017

去年に続き、今年もリレーフォーライフ・ジャパン2017えひめに参加させていただきました。 今年は、国体のおかげで9月2日、3日開催となり、時季を考慮しての2部制でした。 第1部では、がん経験者(サバイバーと呼びます)や患者さんを支える家族の方(ケアギバーと呼びます)のお話を聞くことができました。 ある方は、ドクターがどんな小さな疑問にも丁寧に答えてくれ、「目標は一緒です。一緒に頑張りましょう。」と言ってもらい、勇気づけられたと言われていました。またご家族の方は、「痛いとばかり言っていた患者さんの足をさすってあげると楽になったと喜んでくれたことから、医療には限界があっても、人の手にできることはあると思った」と言われていました。 第2部はチームでたすきをつないで歩きました。 残念ながら最後まで参加することはできませんでしたが、医療に携わる者として少しでも力になれたらと思いました。  

糖尿病教室を開催しました。

5月27日(土)10時から、平野屋薬局3階けんこう広場で、糖尿病教室を開催しました。 林薬剤師から糖尿病についてのお話、竹中管理栄養士からは食品交換表の使い方の説明があり、その後、医薬だより350号に掲載している「400Kcalのメニュー」の調理実習をしました。 ご飯は一人100g、それぞれ自分で計って実感しました。「帰って自宅のお茶碗でも計ってみる」と皆さん言われてました。   りんごは、きれいに飾り切りにできました。こうして切ると、高齢の方でも食べやすいそうですよ。       糖尿病の治療は、食事と運動が基本です。薬を飲み始めた方も基本を忘れず、合併症が出ないよう気をつけましょう。        

凄い!最近の介護食

平成29年4月13日(木) 毎月参加させてもらっている「地域ケアネットワーク」の勉強会がありました。 皆さんは病気や高齢になってきてお食事が十分に食べられなくなったとき、どんな風に栄養を摂りたいと思いますか? 食事が摂れない時期に、医療保険を使って高カロリー飲料が処方されることもありますが、味の種類も限られており好みが分かれるところです。 介護や在宅医療に関わっていると、お食事の問題に直面することは多く、いろんな選択肢を提案できるようになれたらということで、様々なメーカーさんから発売されている高カロリー栄養補助の食品を試してみました。 集まったサンプルその数40種類以上!(提供くださったメーカーの皆さんに感謝です) 以前なら飲料(液体)が主流でしたが、ゼリー・ムース・おかゆなど形状も多様化しています。また甘みの強い商品が多くなりがちですが、甘みを抑えて本来の食事に近い味わいがありながらも少量で250kcalなど十分栄養が摂れるようになっています。 参加者の中には男性もおり、甘いのは苦手かと思いきや、「これは美味しい」との意見も出るほどです。 くり味の栄養ドリンクが「甘すぎず栗の味が美味しい」と好評でした。   お食事の悩みは一度にたくさん量が食べられない以外にも、飲み込みづらい嚥下困難な状態もあります。 飲み込みやすいゼリータイプの他に「摂食回復支援食」と名付けられた商品も有り、本来の食材の形や栄養素を保ちながら、舌でつぶせるほどの柔らかさで美味しく食べやすい商品もありました。 美味しい食事は、必要な栄養を摂取するだけで無く、心を豊かにしてくれると考えます。自分の健康状態に合った食事形態を選択することができれば、楽しく美味しく健康維持ができそうですね。 自宅で介護食を準備するのが大変なときは、このような商品を上手に活用してもらえると良いと思います。   平野薬局では介護食・栄養補助食品などの販売もしており、ご本人の状態に応じた形態をご提案できるように資料を揃えています。 サンプルをお渡しできる商品もありますので、薬局窓口でお気軽に相談してください。  

愛媛禁煙推進フォーラムに参加

1月8日(日)に、いよてつ高島屋8階スカイドームで、禁煙推進の会えひめ主催の愛媛禁煙推進フォーラム愛媛健康(県高)クイズ選手権が開催され、スタッフとして参加しました。 禁煙推進の会えひめは、喫煙の及ぼす有害性と禁煙の必要性について関心のある愛媛県在住の個人及び法人が参加、禁煙推進事業に積極的に取り組んでいるNPO法人で、私たち平野薬局も参加しています。 当日はあいにくの雨でしたが、県内各地から参加してくれた高校生たちは元気にタバコの害や健康に関するクイズに挑戦してくれました。また愛媛県のイメージアップキャラクターみきゃんやダークみきゃん、日本循環器学会の禁煙推進キャラクター「すわん君」、愛媛マンダリンパイレーツのマッピー君も応援にかけつけてくれ、参加の高校生たち以外にも、観客の方たちとも一緒に写真撮影に応じてくれました。 タバコをやめられないのは、ニコチン依存症という病気だからです。 最初の1本に手を出さないよう、今後も高校生を始め若い方たちへの啓蒙活動も続けていきたいと思います。    

リレーフォーライフ2016

皆さんは「リレーフォーライフ」というイベントをご存じですか? 今年H28年は10月1日・2日に松山で、第10回リレーフォーライフが開催されました。 大会の趣旨などはぜひ!HPをご覧頂き、多くの方々に詳しく知っていただきたいと思います。 http://relayforlife.jp/ehime/ 「がん患者は24時間、がんと向き合っている」との考えから、がん患者さんやそのご家族の気持ちに寄り添い、支援するためのイベントでもあります。 一昨年、このリレーフォーライフが松山でも開催されることを知りました。その当時は、自分自身はがん患者でも、その家族でもない立場でどう関われば良いのか?少し悩み、少し心の距離を縮められないまま、大会が終わりました。参加できずにこころ残りはありましたが、自分がどうすれば良いのか?全くわかりませんでした。 ご縁があり、今年は「NPO法人禁煙推進の会えひめ」チームに一緒に参加させてもらうことができました。ドキドキでしたが、とにかく「初参加!自分にできることは何か?見つけよう!」との気持ちでした。 当日はお天気が心配されましたが、朝から快晴となり、日焼けするほどです。約3時間歩きながらたすきををつなぎました。 参加してみて改めて実感したことは、24時間がんと戦っている患者さんやそのご家族にとっては、不安や悲しみ・孤独感など辛い感情が常にあるということです。それがずっと続くのですから、本当に大変だと思います。 そして一人一人に大切な命・人生があり、多くの人とつながって、支え合っているかけがえのない存在。ということを実感しました。先に旅立った人を偲び、消えることのないその人へ想いを馳せる。その家族の気持ちに寄り添うこともとても大切な機会でもありました。 とても短い文章でお伝えすることはできませんが、一昨年には踏み出せなかった自分の中にも答えが見つかりました。 今治で地域の皆さんの近くでお仕事をさせてもらっている平野薬局の社員として。なにより、私自身として。 患者さんの気持ちに寄り添える人でありたいと思います。 私には病気を治すことはできませんが、その病気と立ち向かう患者さんやそのご家族の気持ちに寄り添い、一緒に悩み泣き、そして喜ぶ、心通う薬局の一員でありたいと思います。 たすきをつなぐだけでなく、多くのことを学べる素敵な機会でした。 日曜の午後にフィナーレを迎え、普段歩き慣れていない足を労るために、道後の足湯で一休み。 疲れたけれども、心暖まる1日を過ごすことができました(^_^)b リレーフォーライフ松山を開催してくださった皆さんやボランティアスタッフの皆さん 一緒に参加させていただいた、NPO法人禁煙推進の会えひめの皆さん、本当にありがとうございました(^_^)b いつか今治からも1チーム集結して、参加できるといいですね!  

介護施設での勉強会

8月19日(金)、いつも平野薬局がお世話になっている介護施設で、製薬メーカーマルホさんを講師にお呼びして、勉強会が開催されました。 介護職の皆さんや、ケアマネージャーや平野薬局の薬剤師など様々な職種の人が集まり、「皮脂欠乏症」に関して勉強しました。 皮脂欠乏症は身近な症状で、自分自身にも当てはまりますし、ケアを必要としている方々にも多く見られる疾患です。毎日の皮膚ケアで適切な塗り薬を使うことで、改善が期待できます。実際に製剤見本を使って塗ってみることで、自身で使用感を実感することができました。 今はまだ暑い毎日が続きますが、あっという間に涼しくなって皮膚の乾燥が気になる季節がやってきます。 その時に適切なケアを行うことで、皮脂欠乏症から皮脂欠乏性湿疹に進まないように出来たら良いかと思います。 これからもいろいろな形で、現場で働く介護スタッフの皆さんと同じ研修を受けて、情報共有していきたいと思います(^O^)

愛媛国体リハーサル大会でアンチドーピング活動してきました。

現在愛媛県各地で来年に開催される愛媛国体のリハーサル大会が行われております。 今治では先週はボート、今日はソフトテニスの大会でアンチドーピング活動のブースを出展して来ました(^-^) 8月はバスケットボール、9月は軟式野球の大会でアンチドーピング活動する予定です(^^)/ 大会ブースだけではなく薬局でもドーピングに関する相談は出来ますので気になる方はご相談ください。

実習生さん、いらっしゃい(^_^)b

今年も薬剤師を目指している薬学生が、(株)平野に長期実習にきています。 今日はいつもの実習先である平野あさくら薬局ではなく、平野拝志薬局での研修です。 大阪薬科大学5年生の曽我部絵理さんです(^_^) ご縁があって中学生時代の曽我部さんを知っている私としては、立派な大人になった彼女が実習生として(株)平野に来てくれ、とても嬉しいです。 平野薬局の中には様々な資格や実績を持った社員が在籍しており、多様な研修内容となっています(^_^)b 今日は「災害時の薬剤師の役割」として、実際に東日本大震災の被災地で薬剤師として行ったボランティア活動の内容や、来年のえひめ国体に向けてますます忙しくなるスポーツファーマシストについて。 また活動し始めて8年目になる薬剤師による在宅医療の概要などなど。 大学では学ばない薬剤師の様々な実際の活動をお話させてもらいました。 熱心に聞いてくれる姿を見ると、お話させてもらった甲斐があります。   笑顔が素敵な曽我部さん! 長期実習は始まったばかり。 いろんなことを見聞きして体験して、目指す薬剤師像をみつけてくださいね!

5月16日(日)松山市で行われたNPO法人禁煙推進の会えひめ主催の禁煙パレードに参加しました。 医療関係者など他の参加者と一緒に、「喫煙は百害あって一利なし」、「タバコの害から子どもを守ろう」などと呼びかけたり、「禁煙は愛」と書かれたティッシュや風船などを配りながら大街道から銀天街まで歩きました。 パレードの前に有志の方たちが吸殻拾いを行って約3,000本以上の吸殻を回収しました。 これは後日、タバコに関する要望書とともに松山市役所に届けられる予定です。 毎年喫煙が原因の様々な疾患で多くの方が亡くなっています。 ご本人だけでなく愛する家族のためぜひ禁煙しましょう。  

いよいよ、明日☀

  H28年2月21日(日) 松山市にて「愛媛県薬剤師会学術大会」が開催されます。 この会は県内で活躍している薬剤師・薬学生が研究や活動内容を発表する場です。 例年、平野薬局からも発表させてもらっています。 今年のテーマは「薬局利用者の意識調査〜健康サポート薬局を目指して〜」 平野ごう薬局 村上 光代薬剤師が発表します。   昨年実施しましたアンケートにご協力くださった、平野薬局ご利用の皆様ありがとうございました。皆様の貴重なご意見があるからこそ、発表することができます。 連日忙しい業務をこなしながら発表の準備をしていましたが、いよいよ明日の発表にまで迫ってきました。 頑張ってきてくださいね(^O^)    

1 2 3 4