平野コミュニティ

スタッフブログ

凄い!最近の介護食

平成29年4月13日(木) 毎月参加させてもらっている「地域ケアネットワーク」の勉強会がありました。

皆さんは病気や高齢になってきてお食事が十分に食べられなくなったとき、どんな風に栄養を摂りたいと思いますか?

食事が摂れない時期に、医療保険を使って高カロリー飲料が処方されることもありますが、味の種類も限られており好みが分かれるところです。

介護や在宅医療に関わっていると、お食事の問題に直面することは多く、いろんな選択肢を提案できるようになれたらということで、様々なメーカーさんから発売されている高カロリー栄養補助の食品を試してみました。

集まったサンプルその数40種類以上!(提供くださったメーカーの皆さんに感謝です)

以前なら飲料(液体)が主流でしたが、ゼリー・ムース・おかゆなど形状も多様化しています。また甘みの強い商品が多くなりがちですが、甘みを抑えて本来の食事に近い味わいがありながらも少量で250kcalなど十分栄養が摂れるようになっています。

参加者の中には男性もおり、甘いのは苦手かと思いきや、「これは美味しい」との意見も出るほどです。

くり味の栄養ドリンクが「甘すぎず栗の味が美味しい」と好評でした。

 

お食事の悩みは一度にたくさん量が食べられない以外にも、飲み込みづらい嚥下困難な状態もあります。

飲み込みやすいゼリータイプの他に「摂食回復支援食」と名付けられた商品も有り、本来の食材の形や栄養素を保ちながら、舌でつぶせるほどの柔らかさで美味しく食べやすい商品もありました。

美味しい食事は、必要な栄養を摂取するだけで無く、心を豊かにしてくれると考えます。自分の健康状態に合った食事形態を選択することができれば、楽しく美味しく健康維持ができそうですね。

自宅で介護食を準備するのが大変なときは、このような商品を上手に活用してもらえると良いと思います。

 

平野薬局では介護食・栄養補助食品などの販売もしており、ご本人の状態に応じた形態をご提案できるように資料を揃えています。

サンプルをお渡しできる商品もありますので、薬局窓口でお気軽に相談してください。